美しい数学シリーズ ふしぎな たね

安野光雅 作

この絵本は、文も絵も安野さんが書きました。
三人の数学者と相談して絵本を作るのも面白く楽しいのですが、ひとりで作るのもまたたのし。
いちばんいいのは、作者が安野さん一人なら、そんなに難しくならない点です。

「むかし あるところに なまけものの 男が すんでいました。」
そこへ仙人がやってきて、ふしぎなたねを2個くれました。いわく、
「ひとつ食べれば一年間おなかがいっぱいになり、ひとつ埋めると翌年必ず2つ実がなる。」とのこと。

男はしばらく言われたとおりにしていましたが、何年かたって(笑)、やっと気がつきます。
「今年は、2個とも地面にうめてみたら・・・」。
次の年に2個のタネは4個にふえ、1個を食べて3個を埋めました。
さて、次の年の秋には、いくつのタネがとれるでしょう。そして、その後の男の生活やいかに。

この絵本のしくみは、現実の世界のしくみとよく似ている、と安野さんがつぶやく、数学的な食育絵本。

  • 26×21.5cm・32頁
  • 定価(本体 1,650円+税)(2017.1.25より新価格)
  • ISBN978-4-924684-67-6