小さな学問の書(8) 漢文を学ぶ(四)

栗田亘 著

大好評「漢文を学ぶ」シリーズ第4巻。

「当に三余を以てすべし。」とだけでは、なにやらチンプンカンプン。
これは、「暇がない、時間がないという人がいるが、よく考えれば使える時間はあるはず―」という意味だとか。

「年中忙しい農民にも、三つのゆとりがある。四季のうちの冬、一日のうちの夜、それに雨の日だ。
(これを三余という)心がけ次第で余裕は見つかるはずさ。」

怠けてはいけないというお説教、心しましょう。

他に「他山の石」「三人行けば、必ず我が師有り」「蝸牛角上何事をか争う」「水清ければ大魚無し」など18編。

  • A6・80頁
  • 定価(本体 286円+税)
  • ISBN978-4-88747-046-0